つわりの原因から軽減方法を知る

つわりの原因から軽減方法を知る

つわりの主な原因は、はっきりとした原因はわかりませんが、二つあります。

ホルモンの量が急激に変化するので体の対応が間に合わないことと、妊娠した女性の体が赤ちゃんを受け止める準備をするために、赤ちゃんを異物として反応し、不快な気持ちと吐き気の症状が現れることが、つわりが起こるということです。

そのつわりの症状は、主に吐き気が一般的ですが、他には、倦怠感や眠気、異常なほどの食欲などです。

吐き気の症状は、人によって異なった状況で現れます。

炊き立てのご飯のにおいを嗅いだりして不快な気持ちになったり、空腹だったり、食べ物を摂取したりしても吐き気が起こったりします。

このつらい状況を軽減するには、気を紛らすことがいちばんです。

屋内(自宅)で、お気に入りの本を読む、お腹の赤ちゃんに話し掛けたり、赤ちゃんの服の手作りしてみたり、好きな音楽を聴く、赤ちゃんのエコー画像写真を見るながら、名前を考えることで、気が紛れて軽減できるでしょう。

一般に、つわりは病気ではないと言われますが、個人それぞれで症状が違っていますから、ひどい場合は、掛かりつけの産婦人科の医師に相談してみましょう。

妊娠したという自覚から病院へ行き、妊娠をしたという自覚に変わり、徐々に、つわりの症状が現れてきますが、大体、平均して、4〜6週くらいから始まり、11〜12週ごろに納まってきます。

長い場合は、15〜16週ごろまで続きます。

その間、妊婦は、つわりと闘うわけですから、神経質にならずに、大らかな気持ちで受け止めましょう。

つわりによって、ストレスを感じたり、不安になったりすると、益々、気持ちが重くなるので気を紛らわせましょう。

屋外では、散歩に出かけたら、車が走行している場所や空気の悪い場所は避けたり、仕事をしていれば、仕事に集中したりと、工夫しましょう。

また、仲の良い友達とおしゃべりをしたり、産婦人科で知り合った、つわ友(同じ症状の人と分かち合う)とおしゃべりをしたりして気を紛らわせるのも良いです。

つわりの種類も吐き気だけではなく、頭痛、眠気、倦怠感、匂いに敏感、唾液がたくさん出る、嗜好の変化、胃もたれとむかつき、心理的不安と様々です。

妊娠初期から中期は、吐き気が中心で、後期になると、胃が圧迫される感じがあり、胃もたれやむかつきの症状が出ます。

つわりを軽減させる方法について

このサイトでは、軽減する方法が詳しく紹介されており、自分の状況を確かめて、軽減できる方法を参考に試してみて下さい。

とても、身近な方法が紹介されているので、とても心強いです。